スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Manu Dibango / AFRICADELIC



そろそろJAZZ,FUNKものも聴きましょう!

皆さんご存知のManu Dibango

フランスを拠点に活動。1972年の「Soul Makossa」世界的大ヒットで一世を風靡した
アフリカ・カメルーン出身の男性ジャズ・サクソフォニスト。
ジャズ/ファンク/レゲエ/ラテン/ディスコまでこなす、非常に柔軟な音楽性を持つジャズ・アーティスト。

久しぶりに聴いたら、やっぱりめちゃくちゃカッコいいですねぇ。

こちらは1972年にフランスのTV番組のために録音したレコード

説明不要のキラーアフロ・ジャズ・ファンク!「AFRICADELIC」

ボーカルは一切なしのひたすらManuのサックスにやられる1枚

「Afro-Soul」
「Wa-Wa」
「African Battle」など全曲ファンキー!

やっぱりこの人すごいですねぇ。

"AFRICADELIC"



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。