スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MARIA ERIKSSON BAND / First Light



スウェーデンの女性ジャズ・ヴォーカリスト
MARIA ERIKSSON!

1990年のメガレア盤、ちょうどCD移行期にリリースされただけあってなかなか見つからない1枚。

とにかく演奏が素晴らしく、MARIA ERIKSSONのボーカルワークも完璧です。

今後、日本では過小評価しないで欲しい1枚ですね。

実はコントラバス奏者の森泰人 氏が参加しています。
青山学院卒ということで~私の大学の先輩です。
スタン・ゲッツのヨーロッパ・ツアーに参加したり、トゥーツ・シールマンスの
スカンジナビアン・カルテットに在籍していたり、カーネギーホールへも出演している大物です。
スカンジナビアン・コネクション・レーベルのプロデューサーなんですね。
北欧を拠点に活躍し続ける、尊敬すべき先輩です!
先輩といっても大学が一緒なだけで馴れ馴れしいですが…。

キーボードANDERS PERSSON、サックスTHOMAS GUSTAVSSON、
DORAMURAYMOND KARLSSONとプロ中のプロ揃いです。

内容はついMIX CDに収録したくなるキラーラテン・ジャズトラック 「Song With An End」

ジャズ・サンバカバー「Love For Sale」、スキャットが絶妙にマッチした 「Freedom Jazz Dance」
などレベルの高い内容。

レコード棚にしまっておきたいレコードですね。

"Song With An End"



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。