スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LAVA / PRIME CUTS

110309_1729~0003

説明不要の北欧バンドLAVA

1980年~84年までの彼らの楽曲を詰め込んだベスト的なアルバム

このレコードはいつ買ったか覚えてませんが、
だいぶ前からレコード棚にひっそりと入っていました。

久しぶりにLAVAでも聴こうかなぁ、なんてことでいつもは「CRUISIN'」
をターンテーブルに置くことが多いんですが、今日はこちらで

なんといってもハイライトは「HOLD ON」
最高ですね!イントロから完璧です。
楽曲もさることながら、やっぱり声がイイですね。

"HOLD ON"


スポンサーサイト

Archie Cavanaugh / Alaska Jazz

ajazz_cover.jpg

たまには北欧以外のものを紹介します。

SOUL,FUNK,RARE GROOVEディガーなら誰もがご存知の
南アラスカ出身のシンガーソング・ライターArchie James Cavanaugh!

彼のアルバムといえば、多くのDJやレコード愛好家に紹介され、
私自身も数年前に紹介した自主制作盤 「 Black and White Raven 」(1980)

初めて聞いた時は今でも忘れない大きな衝撃を受けた全曲最高のアルバム!
当時は財布と相談せずに即入手して、我が家ではヘビーローテの1枚でした。
もちろん今でも My Favorite レコード棚に大切に入っています!

そんな最高のアルバムを残してからなんと28年後に新作 「Love Birds」 を
リリースした時は本当に驚きましたが、
またしても最新作 「Alaska Jazz」 をリリースしました!

「Love Birds」がリリースされた時は、あえて紹介しませんでしたが
今回は「Alaska Jazz」がかなり気に入ってしまったので、
PICK UP してみました。

ジャケットに記載がある通り 「Love Birds」 はスムース・ジャズ要素の曲が多かったのですが、
最新作 「Alaska Jazz」 はモダンポップ的な曲が多数収録されています。
「Black and White Raven」 に近い雰囲気の曲が多いという点でも、
個人的には 「Love Birds」 よりも 「Alaska Jazz」 のほうが好きですねぇ。

ブルーアイド・ソウルを好んで聴いている方は
きっと気に入ると思います。

1曲目から疾走する「 Our Romance 」
メロウなモダン・ポップジャズ「 I Didn't Know What Love Was 」
                  「 It Really Doesn't Matter Anymore 」
フリーソウル「 Just A Little Bit 」
哀愁感漂うサビが最高の「 Night And Day 」
など佳曲揃いです。

それにしても1980年にファーストアルバムをリリースしてから、
28年後にセカンドアルバム、またその2年後にサードアルバムを作成。
ということは…次回作も期待しちゃいますね!

"Our Romance"


"Just A Little Bit "


"Night And Day"


BROADCAST / BROADCAST first album!

broadcast1.jpg

フィンランド最高峰AORグループBROADCASTのファーストLP

ファーストシングルリリースの翌年1981年に
スモールレーベルHI-HATからリリースされています。

以前に紹介したセカンドアルバムファーストシングル
最高ですが、AORファンにはこのファーストアルバムが最も支持されるであろう内容!

内容はキラーAOR満載の捨て曲なし!
もちろん全て英語で歌っています。

華やかなブギートラック 「Fantasy Night」に始まり
サビのコーラスが最高のバラード 「Pasadena Sungodown」
メロウAOR 「The Night Is Divine 」
サビが爽快なAOR 「Holdin' On」
彼らのファーストシングル~文句なしのメロウトラック 「Pacific」
疾走系ブギートラック 「Tuesday Lover」
など、1枚通して聴ける数少ないレコードのひとつです。

こちらもセカンドアルバム同様、
一生聴き続けるであろうレコードです。

"The Night Is Divine "


"Pacific"


"Holdin' On "


"Tuesday Lover"


Stig Kreutzfeldt /Stig Kreutzfeldt



デンマークから最高のキラートラックを収録した1枚

CBSから1983年にリリースされています。

AOR/SSWコレクターの方はもう既に知っていると思いますが、
たまに引っ張り出して聴きたくなるレコードです。

なんといってもキラーは「Star Midt I Regnen」

POP寄りな曲ですが、サビの込み上げがヤバすぎます!
しかも後半にかけて2段階で込み上げが入るので、
1曲フルに聴いても飽きない最高のトラックです。

普段はファンキーなレコードばかり聴いていますが、
こういうのは売らないでずっとレコード棚にしまっておきたいですね。

しつこいですが、本当に最高!!!

"Star Midt I Regnen"


BROADCAST debut single



前々回にセカンドアルバムを紹介して、
問い合わせ殺到のフィンランドのグループBROADCAST

彼らのファーストアルバムも素晴らしいAORですが、
こちらが1980年作の彼らの幻のデビューシングル

全員"BROADCAST"とプリントされたTシャツを着ているのが
印象的なジャケットですね。

Pacific / Get The Groove の2曲を収録
(Get The Grooveはファーストアルバム未収録)

Pacificはサビのこみ上げが印象的なメロウAOR
Get The GrooveはMODERN SOULライクなキラートラック
の最高のダブルサイダー!

フィンランドでも彼らのファースト・セカンドLPはめったに
お目にかかれないレア盤らしいですが、
このデビューシングルはさらにレアで
私自身も1回しか見たことはありません。

この後にリリースされているアルバム同様、
もちろん英語で歌っていて、
素晴らしい出来に仕上がっています。

バラード良し、ミッドテンポ良しの彼らのファーストシングル・
ファーストアルバム・セカンドアルバムは必聴です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。