スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRED'S LAUNDRY / BIG MAN



ブログのアップも面倒でもう閉鎖気味ですが
久しぶりに disco/dance ものをUP

今までに手に入れた北欧もののレコードの中でも
個人的には上位に食い込む1枚

Sir Lancelot!!!!!
80's disco/dance label from Sweden

スウェーデンの disco 寄りなレコードの中でも
Sir Lancelotと言えば PLAZA , Betina など
DJがコレクトするアーティストが挙げられますが
個人的にはあまり持っている人がいないこちら
FRED'S LAUNDRY が Favorite!

こちらは
北欧のレコードコレクターから譲ってもらった1枚

ハイライトはイントロから最高な「 Position 300 」
カッコよすぎます!
イントロ、中盤のブレイク~エンディングまでの
構成が素晴らしくセンスの良さ感じられる曲です。

PLAZA との相性が良い
「 I Wonder What The Hell I'm Gonna Do 」
もgood!

disco/dance ものをかける時は必ずレコードバックに
忍ばせておく1枚です。

スウェーデンのdisco 寄りな曲はハズレも多く
なかなかDJプレイに適するトラックには出会えませんが
Sir Lancelot のレコードは当りが多いですね。

"Position 300"


"I Wonder What The Hell I'm Gonna Do"

スポンサーサイト

MONICA TORNELL / ANGEL

110309_1729~0001

スウェーデンの女性SSW MONICA TORNELL

彼女のレコードは4、5枚持ってますが、82年にSWEDEN MERCURYから
リリースされたこちらもキラートラック収録です

リリースされた年とジャケットから想像できる通り、もろに80年代の音ですが
キラーはタイトル曲のBOOGIE DISCO 「ANGEL」

彼女のボーカルワークは毎度のこと素晴らしいですが、
後半の間奏もめちゃくちゃカッコいい!

"ANGEL"


ANDERS BERGLUND / STOCKHOLMSKYLINE

P10606718.jpg

SWEDISH INSTRUMENTAL FUNKY DISCO

いまだに聴き続けている1枚

素晴らしいカバートラック満載です

ANDERS BERGLUNDは好きですが、特にこのアルバムは最高です

この人はキーボード奏者なんですが、プロデューサーとしても
数々のアルバムに参加しているので、アレンジが素晴らしいんですよ

気持ちいいインストトラック
「THE VELVET RUSH」

ミッドテンポファンキートラック
「SOLENERGI」

個人的に好きなミッドテンポのファンキートラック
「DU AR SAKER」

"THE VELVET RUSH"


"SOLENERGI"



TOMMY SEEBACH / TOMMYGUM



デンマーク産BOOGIEアルバム

1976/1977年 コペンハーゲンでレコーディング

なんといってもブレイクにキャッチーな
女性ボーカルが癖になる「I WANT YOU」がキラー

相変わらずこういうのは好きですねぇ。

デンマークといえばSTUNT RECORDSをはじめ
良質なJAZZアルバムの宝庫ですが、
こいういのもあるんですねぇ。

スウェーデンもかなり出尽くしてきてますが、
次はデンマークですかねぇ?

"I WANT YOU"



TERRY MCCULLOUGH / STEP BY STEP



ついに出た!!!

このブログをCHECKしている方、そして全てのミュージックラバーに聴いてもらいたい

Ultra Mega Rare Modern Soul!!!!!

ノルウェーからのニューディスカバリー!

ディーラー曰く、おそらく約100枚プレスのレコード

探せるものなら探してみろっ!」ってことでジャケをUPしま~すっ。

TERRY MCCULLOUGHの4曲入り12インチ

内容がヤバすぎます!今までに聴いてきたレコードをはるかに凌ぐ内容

4曲ともBeautiful Modern Soulです。今年のNo.1レコード間違いなしの1枚

remix/overdubingなどの作業はノルウェーのオスロ
レコーディングなどはアメリカのシカゴ

SNAP RECORDSリリース まさにプライベートプレス

そして、レコード番号はSNAP01
まずないでしょうが、SNAP02があるのか?って感じです

さて、肝心の内容ですが、
とにかく曲も素晴らしく、Terryの声はもちろん、ボーカルワークがうまい!
全て英語で歌っております。

レコードの1曲目にふさわしい爽やかな疾走系Modern soul 「I'VE GOT THE MELODY」
中盤から後半にかけての展開や演奏がとても気持ちいイイ1曲
Patti Austinの素晴らしいカバー曲です!

"I'VE GOT THE MELODY"


そして、ミディアム・スローの 「STEP BY STEP」
三段階で盛り上がる曲の流れは完璧です!ハイライト!
もう泣きそうですぅぅぅ。
嫌いな人はいないであろうメロディー、そしてつい口ずさんでしまうサビの盛り上がり、最高です。
1曲通して聴くと素晴らしさがモロに感じられます。

"STEP BY STEP"


グルーヴィーかつ少しファンキーなトラック 「I'LL SHOW YOU THE TOWN」
スローテンポで演ってるためファンキーすぎず、Terryのボーカルがほどよく映えます。
個人的にはEDIN ADAHLLISENCEなどに絡めてつなぎたい曲です。

そして、ラストを飾るにふさわしい曲 「I NEVER NEEDED YOU」
スローテンポでバラード調の曲。サビが素晴らしい込み上げ系のトラックです。
AORファンにはど真ん中でしょう!
本当に感動的なイイ曲です。泣きますよ、コレは

"I NEVER NEEDED YOU"


有名なDJがMIX CDやクラブでかけたら、どうなっちゃうんだぁぁぁぁ、って感じですなぁ。
内容が内容だけに、値段はいくらになっちゃうんでしょうか?

試聴は気まぐれでUPしていきますので気になる方はこまめにCHECKして下さいね。
何度も聴きたくなる曲ばかりですから。まあ、1曲フルで聴いた方が良さがもっと分かりますが。

いや~今年のNo.1レコード間違いなしですが、ここ数年の中でもこのレベルのレコードは見ていません。
それぐらい、My Favorite!!!!!!!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。