スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRAKERE / LIVE IN SWEDEN



昔から最高に好きな1枚 ヤバすぎます

いまさらとか言わないでくださいよ~

もうずっと聴き続けていますが、
今でも自信を持ってオススメできるレコードです

スウェーデンの A DISCから1981年にリリース

怒涛のAfro-Cuban Jazz!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

高速チューン「AGUANILE BONKO」「IYA」

展開が素晴らしくJAZZ好きにもグッとくる
Afro-Cuban Jazz「VALLE DE PICADURA」

ナイス男気ヴォーカル「TRES DIAS」

そして、なんといっても9分15秒にも及ぶ
キラートラック「IRAKARE」
かっこよすぎます!
ぶっとい黒いビートとこの展開
まさにツボです。
後半の「イラケレ~♪イラケレ~♪」ヤバイ!

個人的にはこういうのは、高くても絶対買います。
実際、安いですがスウェーデンに行った時はあんまり
見なかったですけどねぇ。

"IRAKERE"



スポンサーサイト

SKUNK FUNK / WOULDN'T GIVE A DOMN

c0196463_185015331.jpg

今さらながら、やっぱりイイ SKUNK FUNK

デンマークのファンキーグループ

SOUL,FUNK,JAZZ,LATINの要素が詰まった
楽曲が収録されているセカンドアルバム

今ではもう皆さんご存知ですが、
改めて聴いてみると気持ちイイですねぇ。

なんといっても、ハイライトは
「WONDERING WHERE WE SHOULD GO」
でしょう。

個人的には中盤からCARSTEN MEINERT
のフルートが炸裂する「CARA MIO」
もFAVORITEです。

ファーストアルバムの方があまり見かけませんが、
どちらも顔メインのジャケットですねぇ。

ファーストアルバムの方がナメタ顔ですが…
9人で構成されたグループのリードヴォーカルを
務めるLANNI TAU MOEがジャケットの彼です。
まあ、どちらにしても彼はタバコが好きなんですねぇ。

"WONDERING WHERE WE SHOULD GO"


"CARA MIO"



SVENNE & LOTTA / TILLSAMMANS



スウェーデンの人気夫婦デュオ

1971年にスウェーデンのROMANCEから
リリースされた1枚

久しぶりに聴いてみました。

やっぱりイイですねぇ。

ハイライトは、
ファンキーカバー「THE HOUSE OF THE RISING SUN」

試聴では冒頭のボーカルはカットしてますが、
1曲通して聴くと展開がまたイイです。

"THE HOUSE OF THE RISING SUN"



TOMAS LEDIN / NATTEN AR UNG



Swedish singer, songwriter, guitarist and
producer

スウェーデンでは有名すぎるTOMAS LEDIN

学校でも彼の曲が流れているのだとか…

まあABBAと色々な仕事をしていた人ですからねぇ。

なんとSABU MARTINEZ参加の
FUNKY TUNE「ENSAMMEN OM NATTEN」

この人は本当に数多くのアルバムをリリース
していますので、興味のある人は聴いてみて
くださいな。

"ENSAMMEN OM NATTEN"



STEN CARLSSON & SALTA MANDLAR / EXTRASALTAT



スウェーデンのT-BONEからのリリースアルバム

なつかしいですねぇ。

初めて聴いたときはカッコよすぎて即買いしましたよ。

相当なワルだったSTEN CARLSSON率いるバンド

1977年作ですね。

なんといってもSTEVIE WONDERのカバー
「I WISH」

しか~し、もっとヤバイのは「I'M A MAN」
ファンキーでカッコよすぎます!

「VOLARE」のカバーとかモーツアルトのカバーなんかも
演ってます。

今聴いても十分カッコいいアルバム!

"I WISH"


"I'M A MAN"



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。