スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Archie Cavanaugh / Alaska Jazz

ajazz_cover.jpg

たまには北欧以外のものを紹介します。

SOUL,FUNK,RARE GROOVEディガーなら誰もがご存知の
南アラスカ出身のシンガーソング・ライターArchie James Cavanaugh!

彼のアルバムといえば、多くのDJやレコード愛好家に紹介され、
私自身も数年前に紹介した自主制作盤 「 Black and White Raven 」(1980)

初めて聞いた時は今でも忘れない大きな衝撃を受けた全曲最高のアルバム!
当時は財布と相談せずに即入手して、我が家ではヘビーローテの1枚でした。
もちろん今でも My Favorite レコード棚に大切に入っています!

そんな最高のアルバムを残してからなんと28年後に新作 「Love Birds」 を
リリースした時は本当に驚きましたが、
またしても最新作 「Alaska Jazz」 をリリースしました!

「Love Birds」がリリースされた時は、あえて紹介しませんでしたが
今回は「Alaska Jazz」がかなり気に入ってしまったので、
PICK UP してみました。

ジャケットに記載がある通り 「Love Birds」 はスムース・ジャズ要素の曲が多かったのですが、
最新作 「Alaska Jazz」 はモダンポップ的な曲が多数収録されています。
「Black and White Raven」 に近い雰囲気の曲が多いという点でも、
個人的には 「Love Birds」 よりも 「Alaska Jazz」 のほうが好きですねぇ。

ブルーアイド・ソウルを好んで聴いている方は
きっと気に入ると思います。

1曲目から疾走する「 Our Romance 」
メロウなモダン・ポップジャズ「 I Didn't Know What Love Was 」
                  「 It Really Doesn't Matter Anymore 」
フリーソウル「 Just A Little Bit 」
哀愁感漂うサビが最高の「 Night And Day 」
など佳曲揃いです。

それにしても1980年にファーストアルバムをリリースしてから、
28年後にセカンドアルバム、またその2年後にサードアルバムを作成。
ということは…次回作も期待しちゃいますね!

"Our Romance"


"Just A Little Bit "


"Night And Day"


コメント

No title

ムムム、、、、これは買いですな!

Re: No title

これはイイと思いますよ!
驚くことに予想以上に反響が大きく、問い合わせのメールが結構きてます。
北欧ものは反応薄いのに…

彼はおっさんになってもステキですね!

No title

ポチりました!意外と安いですね。今から楽しみです。国内盤は、少し先かな?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。